波照間写真紀行 2018.10.1-7

波照間島は日本最南端の有人島。人口は500人くらい。
海岸線は1週14kmちょいだけど、歩ける道はもっと短い。
石垣島にある離島ターミナルから高速船で1時間半とか。距離はたしか54kmくらいだったかな。
那覇よりはぜんぜん台湾に近い。


ミロの店主ふたり愛用の「ギョサン」。ここはまだ石垣島のホームセンター。


ここは「ヤギ汁」で有名なトニーさんの店こと「栄福食堂」。


写真の人物はミロの店主だが「ヤギ」の異名を持つ。
トニーさんは色んなことを沢山お話してくれた。



ジューシーかまぼこ。
離島への旅客ターミナルではコレを食べる。
炊き込みご飯のおにぎりだけど、ノリではなくカマボコ。



波照間に到着。日中は半袖で快適。日差しは強い。
しかし南国とはいえ、秋空、秋風、秋の雲。



台風24号と台風25号の間に居る。
この木はあちこちに蔓延(はびこ)るが、戦後緑化のためヘリコプターで種をバラまいたとか。。



友達のお店。あやふふぁみ。お昼だけ営業しています。


ニシ浜。ニシとはここの方言で「北」の意。
八重山地方の言葉は方言というけど、異言語だと思う。



ちょっとは泳ぎました。ほぼ貸し切り


波照間で一番見る動物は人ではなくヤモリ。
壁に張り付くのすごい。おお、ファンデルワールス力!!



あやふふぁみの2人と晩酌!
アーサーバッポ。チヂミを巻いたもの。



猫もときどき見ます。


集落を歩く。何故か迷いやすい。


台風25号が近づいて来ていて、波が高く、風も強い。
台風のためほぼ丸1日、手塚治虫の『火の鳥』ばかり読んでいました。



波照間→石垣への「ぱいじま2」。
この運航を最後に2日間は島に缶詰め。



高那崎に来た女。


高那崎の波。


遠くにやぎ


見返りやぎ


台風一過のサンセット


18:07


18:10

18:25


18:47


うし


綺麗なやぎのひげ


1日目:石垣泊、2〜5日目:波照間泊、6日目:石垣泊。
7日には、農協と公設市場でとにかく買い物!!並べてみたらこんなに!
右端は波照間の浜辺でひろったもの。


モドル 

当店のソーシャルネットワーキングサービスのアカウントはありません。
グルメサイトやレビューサイトはノーサンキュー。
見やすい楽しいホームページづくりを心がけます。サンキュー!